岐阜県で格安/激安費用の不倫・素行・結婚調査、興信所、離婚相談をお探しなら浮気調査探偵事務所へ。無料出張相談。慰謝料の料金。

浮気証拠探偵事務所
裁判で絶対に勝つ!!浮気専門調査 まずは無料相談から
勝てる3つのワケとは?
勝てるワケその1:浮気調査専門探偵社
Point1:裁判を有利に進める調査報告
Point2:専任調査員が一貫担当
Point3:相手にバレない安心調査
お気軽にご相談ください メール相談フォームへ
[PR] 浮気調査を行う探偵の物語
大手の探偵社は人材の宝庫です。連休やお盆なども同じ。私は推理小説の表紙を本屋で見てしまうと条件反射でウンコがしたくなります。頭を使うのが好きな人です。探偵は、人の心を読むことで答えを兄いだす稼業です。過剰な設備投資をさせへ優秀な社員の大量退職を誘いへ税務署へ脱税のたれこみをして…
[PR] 各地の地名・駅名を網羅
井川:(地名用語)九州などではひろく井戸を井カワという。沖縄では井戸をカワという。これで井という語の意味が、流れをせきとめたところだということがわかる。掘井戸のことを宮古・八重山でツリカー(釣瓶で水を釣る井戸の意)、低く降りて汲む井戸をウ1)カー(降り井戸の意)という(中山太郎…
勝てるワケその2:問題解決のために真剣勝負
お気軽にご相談ください メール相談フォームへ
[PR] 各地の地名・駅名を網羅
郡:(地名用語)県の中の-区域の称。グンと読むのは字音で、もと中国古代の郡県制をまねて採用した語。これをコオT)と読むのは訓読みだが、そのよって来るところは、こおり(那)を参照。郡県制という語が示す通り、中国古代の郡は県よりも上位で、郡の中にいくつかの県をふくんでいたのであるが、日本ではその道で、県の中にいくつかの郡がある。郡は群と同義で、爾雅の釈名の部に「郡とは群なり、人の群衆する所なり」とある。郡の字音はkun、gunだから、日本語のクこく国)すなわちkun-iとよくにた点がある(-一国)。コオリと読むのは訓読みであるが、この字はコオリと読むよりも、クこと読む方が適切だったように思われる。このような訓読みの当て方のズレの例は、かなりたくさん、地名以外の一般の語の中にも見出され、学界でも…
勝てるワケその3:良いとこ取り料金プラン
必要最小限:少ない日数で効果を上げる調査プラン
お気軽にご相談ください メール相談フォームへ
[PR] 各地の地名・駅名を網羅
新:(地名用語)古(フル)、元、本などに対して新しい意味で、次のような地名に使う。新庄、新宿、新所、新地、新田、新保、新町、新港、新名、新屋敷など。シソ(新)は、むろん字音すなわち中国語だが、満州語でもsmo、sine、モーコ語でもsinu、sineなどといい、アイヌ語でもi-shinという。英語などでも、新という意味の接頭形をcen0-といい、cenozoic(新生代)などという。新をニイと読むのは、古い日本語で新しいことをニヒ(>ニイ)というので、それにあてはめて読むのである。このニイは英語のneo-、new、ドイツ語のneuなどとにている。新の字を上-つけないで、「何々新」のように、下へつける地名がある。そういう地名は富山県に集中的に多く6。以上、越後20、加賀25、飛騨5、播磨6、…
Q&A:はじめてでも安心浮気調査
お気軽にご相談ください メール相談はこちら
ご依頼の流れ
メール相談フォーム
必須お名前  
フリガナ
必須メール
お電話
必須地域
  1. 都道府県
  2. 市区町村
必須お問い合わせ内容
必須送信確認
浮気証拠探偵事務所